窓・サッシリフォームのポイント

  • 冬になると、窓際が寒すぎる!
  • 結露ができて、カーテンがびっしょり!カビも心配!
  • 夏、日差しがきつくて冷房つけても部屋が暑い!
  • 外の音がうるさくて落ち着けない!
  • 何とかしたいけど、なるべくお手軽に解決したい!
住まいにありがちなこの問題、
どう解決したら良いでしょう?

「冷暖房つけてるのに全然効かない」「結露がひどい」「外の音がうるさい」
これらのお悩み、もしかしたら「窓」が原因かもしれません。

ご存知でしたか?実は熱の出入りの半分以上が窓の開口で行われているのです。多くのお悩みは、熱が出入りしたり、外部との温度差から生じているので、最も熱の出入りの多い「窓」をリフォームすることで、お客様のお悩みを解決することができるのです。

断熱効果

暮らしにおいて、室温と同じくらい重要なのが、周囲の壁や天井、窓などの温度です。この周囲の物の温度と室温の平均値が、人が実際に感じる体感温度となるからです。
特に窓は、外の冷気に触れて冷えやすい箇所です。たとえ室温が高くても、窓の冷えによって体の表面から熱が奪われて寒く感じてしまうのです。窓で断熱すれば、冬暖かく、夏も涼しい快適空間になります。

ガラスや窓を二枚重ねにして空気の層を挟んだり、プラスチック素材の窓に変えることで、一年を通じて屋外の気温の影響を受けにくくなります。

結露対策

結露の正体は空気中の水蒸気です。
窓は、外の空気の影響を受けて冷たくなりがちです。暖かく湿った室内の空気が、冷たい窓に触れると空気中に水蒸気が水滴に変化してしまいます。これが結露です。
湿気を溜めない事が、結露対策の第一歩となります。

結露は、窓の断熱化をすることで発生おさえる事ができます。一番結露が発生しにくい窓の種類は「プラスチック製の断熱窓+複層ガラス」の組み合わせです。

遮熱効果

夏を快適に過ごすには、日差しを上手に遮る事が大切です。
窓から入り込む西日や夏の日差しは、その太陽光の熱(直射熱)ばかりか、床に当たった熱が部屋の奥へ反射する(反射熱、輻射熱)などして、お部屋全体を熱する原因になってしまっています。

遮熱タイプのガラスに替えれば、日射熱を効果的にカットできます。また、ブラインド組み込み型のガラスや、シャッターを取り付ければより日射をコントロールしやすくなります。

防音効果

窓は音の出入り口です。表通りに面したお部屋などは、音対策をすることで騒音ストレスが軽減され、日中だけでなく、夜の睡眠時間も快適に過ごすことができます。

昼は45dB以下、夜は35dB以下を目指しましょう。内窓をつけるだけで騒音は約40dBもダウンします。窓を選ぶ際は、防音対策になる窓かどうかも基準にすると良いでしょう。ガラスの厚さを変えたり、窓を二重にすることで、室内に入ってくる音を望ましいレベルにまで下げる事ができます。

私たちがオススメする窓はこちら!
LIXIL インプラス

今ある窓に“プラス”するだけ。
インプラスであっという間にさまざまな快適性能がプラスされます。

今ある窓に“プラス”するだけ。インプラスであっという間にさまざまな快適性能がプラスされます。

  • 年間冷暖房費約16,670円節約!
  • 結露による掃除の負荷を軽減!
  • 日差しを約60%カット!
  • 気になる音を入れない・
    出さない!
  • 気になる視線を
    スマートにシャットアウト
  • 施工時間は1窓あたり約1時間!
実際に手掛けた事例をご紹介
価格が気になる!という方はこちら
まずはお気軽にご相談くださいませ!
その他のポイントはこちら

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • イベント・チラシ情報
  • リフォームのポイント
  • 補助金情報
  • 価格表はこちら
LINE@友だち登録キャンペーン